医院紹介

About Clinic

院長挨拶

創立より15年間、頚部、肩、上肢、腰部、下肢の痛み、シビレ、関節の痛みを起こす病気に対して、MRI、高解像CTを使い、正確な診断をした上でブロック治療、リハビリ治療、他医院と連携した手術治療を行い、患者さまの社会復帰を手助けしてきました。
健康寿命を伸ばすためには、動脈硬化の予防、筋力の維持、骨粗鬆症の予防が重要です。地域の皆さんがいつまでも健康で、仕事や趣味を生涯楽しめるよう、医療の面から応援していきたいと考えています。

院長 野口耕司

医師紹介

院長 野口 耕司

1971年
京都大学医学部卒業
1979年
川崎医科大学整形外科 講師
1985年
松江赤十字病院整形外科 部長
1987年
岐阜市民病院整形外科 部長
2001年
野口整形外科内科医院 院長
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門医

副院長 野口 智恵子

1975年
京都大学医学部卒業
1985年
松江日赤病院健康管理センター
1990年
彦根市立病院内科
部長(糖尿病外来)
2001年
野口整形外科内科医院 副院長

橋本 孝治

2001年
岐阜大学医学部医学科卒業
同 岐阜大学医学部整形外科
2003年
日本医科大学高度救命救急センター
2004年
岐阜大学医学部附属病院整形外科
2008年
山内ホスピタル整形外科
2013年
岐阜大学医学部大学院医学系研究科卒業(医学博士)
2013年
岐阜大学医学部附属病院
高次救命治療センター臨床講師
2016年
山内ホスピタル整形外科リウマチ科部長
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本リウマチ学会認定医/指導医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本救急医学会専門医
  • 日本航空医療学会認定指導者
    (フライトドクター)
  • 日本DMAT隊員/インストラクター
  • 日本救急医学会認定ICLSコース
    インストラクター/コースディレクター

パーキンソン病・神経内科専門医 久野貞子

1968年
京都大学医学部卒業
1978年
米国Johns Hopkins大学留学
2004年
国立精神・神経センター 副院長
2009年
京都大学医学部神経内科 臨床教授

外来診療について

  • 整形外科
  • リウマチ科

整形外科は主として、頚部、腰部などの脊柱疾患と関節の痛みの原因となる関節リウマチ、変形性関節症の治療を行っています。リウマチの患者さまには、10年前から生物製剤を使った在宅自己注射治療を積極的に行っています。
肺合併症の早期発見のため、ヘリカルCTを導入し、安全な治療を心がけています。骨粗鬆症の予防と骨折防止のため、腰椎、大腿骨の骨密度測定を行い、積極的に薬の処方や注射治療を行っています。

内科

糖尿病や高脂血症、高血圧などの生活習慣病の治療を中心に、家庭医としての医療サービスを提供しています。

リハビリテーション科

運動器の加齢による痛みや筋力の低下のほかスポーツ障害の治療に積極的に取り組んでいます。詳しくはこちら

特殊外来:神経内科

原則として、第2・第4火曜の午前中に、神経内科専門医による診療を行っています。主としてパーキンソン病の治療を薬のコントロールと伴わせてリハビリテーションによるADL(日常生活動作)の維持にも力を入れています。

手術について

手根管症候群、ばね指の手術を行っています。

施設紹介

待合室、診察室、リハビリ訓練室、トイレなど、全室車椅子での移動が可能です。
最新の診断機器を使い、迅速な診断と治療を心がけています。

待合室

ホテルのロビーのようなゆったりした待合室

受付

患者さまとコミュニケーションが取りやすいオープンカウンターの受付

オープン式MRI

オープン式MRI

デジタルX線撮影装置

デジタルX線撮影装置

CT

CT

全身測定用DEXA骨密度測定器

全身測定用DEXA骨密度測定器

筋電図伝導速度測定

手根管症候群や肘部管症候群を
判断する筋電図伝導速度測定

PWV、ABI

動脈硬化の評価にPWV、
動脈硬化の閉塞検査にABIを測定

オープン式MRIで
安心の検査を。

MRIは磁石と電磁波の作用によって人体の断層画像を得る画像診断装置です。
当院では、2017年、最新の「オープン式MRI」を導入しました。

3つのメリット

  • 【 安 心 】
    開放的な設計なので、
    閉所が苦手な方も安心です。
  • 【 正 確 】
    従来よりも綺麗な画像が撮影でき、
    さらに正確な診断が可能です。
  • 【 スピーディー 】
    撮影時間が短縮され、
    スピーディーに検査が行えます。

オープン式MRI

MRI頭部頭部

MRI頚部頚部

MRI腰部腰部

内臓脂肪型肥満に要注意!

CTを使って内臓脂肪を測定します

心筋梗塞や脳梗塞になる危険度が高くなる「内臓脂肪型肥満」はCTで見つけることができます。当院では内臓脂肪の測定を行っていますので、ご希望の方は受付または医師にお申し出ください。

■CT内臓脂肪測定 3,000円(税別)※要予約

[ 内臓脂肪型肥満 ]